[PR 広告] 

 
カテゴリ : [PR 広告]
-----(-)

12月10日のニュース 

こんばんは。キミナリです。
 
 
突然ですが、引っ越す事になりました。
このブログとは全く関係ないですね(笑)。
 
 
今日も、出会い系のニュースを書きます。
 
 
 
 






 

 
 
最新のホットなニュースです。
つい2日前の記事です。
 
群馬県で、女子中学生にみだらな行為をしたとして、自衛官が逮捕されました。
通称「淫行条例」違反です。
 
これ、「条例」なので、各都道府県によって罰則や適用範囲などが違います。
条文そのものが違うからです。
 
対象年齢は、(既婚者を除く18歳未満の男女)になり、これは全国一律のようです。
 
 
1990年代のそれとは異なってきていますね。
法律というのは時代と共に変化していきます。
知らないまま社会ルールに違反しないよう、頭に入れておきましょうね。


 

 

悪質出会い系運営会社にメアドを大量に売った会社の話 

こんばんは。キミナリです。
 
 
近所のスーパーが本格的にクリスマスイルミネーションを飾り、クリスマス商品に力を注ぎ、レジ担当がサンタ衣装に身を包んでいます。
それを見ると、なんだか寂しくなるのは、僕だけじゃないですよね?
 
 
今日も出会い系のニュースから記事を書いていきます。
 
 
 







 
名簿業者逮捕
 
 
昨日書いた記事にあった、ニュースの続報になりますね。
今年10月23日の新聞記事です。
 
前回、出会い系サイト運営が、スパムメールを20億件以上送ったとして逮捕されていました。
その運営会社にメールアドレスを売った業者のニュースです。
 
 
 
 
 




 
逮捕された名簿業者その内容
 

 
名簿販売業者が、偽の求人サイトを立ち上げ、そこに登録した人の個人情報を、前回記事の出会い系サイト会社に売っていたそうです。
特定商取引法違反幇助の罪で逮捕されました。
 
偽の求人サイトで個人情報を巻き上げて利益を得るという行為は、詐欺罪には当たらないのでしょうか?
そのあたり、知識がないので私にはわからない部分です。
 
 
一連の流れで逮捕されていますが、個人情報を扱う名簿業者はまだまだ多数存在します。
義務教育が終わった頃、全く知らない人物から電話がかかってきた事が何度もありました。
 
 
出会い系のダミーサイトも、こうした個人情報を狙っていると思います。
やはり、多くの悪質サイトから、良いサイトをしっかり選ぶ必要がありますね。
 
 
 

 

20億通以上の迷惑メール 

こんばんは。キミナリです。
 
 
安全な出会い系サイトを探すべく、情報を集めていると、ポジティブな情報よりもネガティブな情報により多く当たりますね。
これまで更新してきたニュース系の記事もそれで、なかなか明るい話題には出合えません。
今日も、そういったニュースを紹介します。
 
 
 








 
迷惑メールで逮捕
 
 
今年9月の話題です。
 
出会い系サイトを利用した方なら、誰しも経験がある迷惑な広告メール。
これを2年間で20億通送信したとして、出会い系サイトを運営する会社の社長が逮捕されました。
 
罪名が面白いんですよね。
特定電子メール適正化法違反、だそうです。
具体的にどのような罰則が科されるか、調べてみたら、1年以下の懲役又は100万円以下(法人は3000万円以下)の罰金だそうです。
このニュースは、会社に対して適用されたように書かれているので、どうやら罰金は法人のものになるみたいですね。
でも、これによって得られた利益が罰金をあまりにもはるかに上回っているので、懲役刑じゃないと許せないですよね。
 











 
逮捕された内容
 

 
通報があってから、総務省が対処したのが4ヶ月後、それからさらに4ヶ月後に警察に相談、そしてようやく逮捕。
これはどうなんでしょう?
そして流れが、いきなり総務省という国家機関、続いて警察というもの。
間はどうなってるんでしょうか?
なんか、犯罪があってから実際に逮捕されるまでの流れって、具体的にイメージしにくいです。
 
 
以前アップしたニュースでは、このようにちゃんと社長名と会社名と住所が記載されているぶんには逮捕できるものの、架空の会社の場合は発見さえ困難で対処してくれないケースが多いと書かれていましたね。



 

 

出会い系詐欺の被害者が一斉提訴したというニュース 

こんばんは。キミナリです。
 
 
風邪、だいぶ回復してきました。
今回は短くて済みそうです。
 
出会い系に頼らず彼女を探そうかなと思っている今日この頃。
それと、ブログのタイトル変えなきゃな・・・。
ちょっとの手間なんだけど、めんどくさくてやってないんです。
 
 
 




 
 
 
出会い系一斉提訴
 

 
昨年のニュースになります。
 
一時期、芸能人の名を騙るサクラが、出会い系サイトに出現していました。
そんなのバレバレだろうと思うんですが、騙される人は騙されるようで。
詐欺目的の業者も多数存在するようで、お金を振り込むように巧みに誘導されます。
 
そうした被害に遭った方々が、一斉に提訴したようです。
この経過と結果が気になりますが、その後の続報は見当たりません。
 
 
 
 





 
出会い系一斉提訴他社
 
 
 
同じ件の後追い記事。
 
この記事によると、民事訴訟では例え判決が下っても、強制力はないとして無視・逃げ・だんまりができてしまうとされています。
刑事訴訟をして、逮捕に追い込む必要があるとの指摘。
しかし、警察は能力が低いから、そうしたところでちゃんとできないよ、警察バカだもん、クズだもん、ゴミだもん、と書かれています。
 
全然ダメだ・・・。
やはり、自分自身は自分自身で守るしかないようですね。
 
 
 

 

出会い系詐欺に引っかかった人の話 

こんばんは。キミナリです。
 
 
風邪をひいてしまいました・・・。
1人暮らしの男の風邪、なんともせつないものがあります。
職場の方々にうつさないようにマスクをつけています。
 
ああ、シングルベルが身に染みる年になりそうだなあ。
 
 
 
 
 






 
出会い系詐欺に引っかかった主婦のニュース
 

 
出会い系詐欺被害について裁判が行われたという情報がありました。
 
昨年1月の出来事だそうです。
 
詐欺を行った、出会い系運営会社の社長だった人物は、金額を返却する旨を裁判で表明したそうです。
 
 
前回の記事で、あんなのに引っかかるなんてどんな人だろう?と書いたのですが、この記事に出ている被害者は30代主婦。
 
なんて馬鹿な人だ、と思ってしまうところ。
 
記事を読み進めていくと、そんな馬鹿が2012年には3259人は少なくとも居たみたいです。
 
うーん、多いと見るか少ないと見るか。
 
 
出会い系トラブルでの相談自体は、1万3056件だったそうです。
 
この数字は年々減っているらしいです。
 
ネット上で検索して出て来る情報も、大半が信憑性が無いものだそうです。
 
出会い系サイト情報を探したところで、運営側が情報操作しているものや、悪徳運営自体が自作自演しているサイトも思いっきりヒットしてしまうらしいです。
 
 
 
 
体調回復するまで動けないなあ。


 
 

 
プロフィール

コイフレで出会いを求める男@キミナリ

Author:コイフレで出会いを求める男@キミナリ

リンク
ninja
 X 閉じる